実はすごくクローズだったと自分を知る①

人から「ひとあたりいいですね。」と言われるから

自分は社交的なんだろうと思っていました。

比較的どんな場所でも出かけて行って、

人に話しかけたり話しかけられたりするのは得意でしたし

1人でいるのも好きだけれど、人の中にいるのもいいな、という感じ。

でも人といてすごく楽しい!ということはあまりありませんでした。

どんな人といても「もうそろそろ帰りたいな」と思ってしまいました。

何なんだろうこれ。社交的な面と全然そうでない面と、両面持っていました。

 

ドラマで、「おれたち仲間なんだから迷惑かけるとか言うなよ」

というシーンを見た時にうらやましいな、と思った自分がいました。

私は「助けて」「手伝って」と誰に対しても言いづらいな、と思っていました。

「あれ?私、頼れる友達いないの??」とはじめて自分で気づいて唖然。

助けて、と心を開いてお願いできる人がいませんでした。

 

色々内面を見ていくと、私は社交的どころか、かなりクローズな性格でした。

社交的と思われていたのは、自分が仲良く付き合える人達の範囲の中だけの話だった

とわかり、もっと言うと、仲良く付き合える範囲といっても

自分が傷つかないように相手に合わせていたので、

同じようにあまり深く入ってこない、傷つけあわない、干渉しあわない、

自分に合わせてくれてるような優しい?弱い?

人たちと無意識につるんでいたのかもしれません。

とにかく狭い付き合いの中のことでした。

だからそういう関係の人たちに何かを頼んだり負担をかけたりすることは申し訳ない、

できないと思っていたのかもしれません。

これに気づいた時に結構ショックでした。

ワタシって人づきあい全然できていなかったんだな~。

 

子供の頃は

何か物申してくる人たちに「否定された」とへこんだり、ムっとしたりしましたが、

大人になって、叱ってくれるのは愛情なんだなと、

反対に無関心が悲しいことだと分かりました。

ドラマのように

嫌われてでも相手に何かを気づかせようとしてぶつかってきてくれる仲間が

本当にうらやましいな、と感じました。

 

そんな仲間をどうしたら作れるんだろう。

本当の友達が欲しいし、自分も誰かの本当の友達になりたい。

そう思うようになった時に認識技術に出会いました。(つづく)

 

f:id:mukara:20190617232214j:plain

 

このブログへの

お問い合わせ・メッセージ←こちらからお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

子供にとっての母の笑顔

子供にとって母親が笑っているかいないかはものすごい重要らしいです。

朝、なかなか支度をしようとしない子供にイライラし始めた母は真顔で

「早く着替えなさいよ!」

 

「わかったよ!」

と言った後に子供が「笑ってほしいんだよ!」

 

その後モノマネしたりふざけているので

つられて笑っていたら

「段々笑ってきた?」とほっとしたように言う。

 

こんなことが幾度となく繰り返されていると

本当に子供は母親が笑っていさえすれば安心、安全、満たされた気持ちになれるんだ

な、と思う。

反対に母のほうも「なんで怒って急いで支度させなきゃならないんだろ?」

という気になってきます。もちろん遅刻したら困る場合もあるけれど

学校と子供との絆、どっちが大事?ときかれたら

もちろん後者です。

 

そして不思議だけれどニコニコしている時のほうが、

子供もさっさと支度していたりします。

イライラしないで済むからこちらの心の負担も違うし、

お肌も。。イライラだと眉間にしわが刻まれてしまいますが、

にこやかにしていたら笑いジワでシワワセ(しあわせ)。( *´艸`)

 

といっても感情のほうがガッと出てくるときもあります。

また怒っちゃった、、とへこむ必要もなく

色々な感情があって普通なのでそれはそれでOK!と思います。

ワタシ、こんなに怒れるんだな~とか、こういう時めっちゃ嬉しいんだな・悲しいんだな、という風に

いろんな感情を〇✖なく楽しめるのが一番楽しいですね。

 

f:id:mukara:20190521000454j:plain

 

このブログへの

お問い合わせ・メッセージ←こちらからお願いします。

 

 

 

 

 

 

胎内記憶を話してもらって

先日

友人の、そのまた友人の小学生のお子さんが

お母さんのおなかに来る前の記憶をまだ持っていて、話してくれました。

その内容が、本や映画で見たとおりでした。

生まれる前は神様と一緒に雲の上にいて、テレビ画面に映る沢山の女性の中から

「この人にする!」とお母さんになる人を決めて、うまくマッチングできたら

滑り台でお母さんのおなかの中に降りてくるのだそうです。

その子はお母さんが「淋しそうだったから」選んだのだそう。

本や映画では、「このお母さんがかわいかったから」と選んだ子や、

「自分のミッションをかなえるためにこのお母さんのところに行こう」

と選んでくる子もいました。

 

どんなにケンカしても、育てにくくてイライラしても

子供に「このお母さんがいい!」って選ばれたと思うと

すごく嬉しい気がします。

 

でもこの子のお母さんは、はじめ子供が話す胎内記憶を

冗談を言っていると思ったそうで、なかなか信じてくれなかったそうです。

直接聞いたわけでないのでわかりませんが、

選ばれて素直に「嬉しい」と受け取れないお母さんの内側に

なんだかすごく涙があるのかもしれません。

それも全部子供は知っていて、このお母さんを選んでやってきたのかもしれない、

と思うと本当にすごい事だ!と感動しました。

こんな素敵な話をしてもらって本当にハッピーになりました。

 

f:id:mukara:20190521011119j:plain

 

このブログへの

お問い合わせ・メッセージ←こちらからお願いします。

 

不安や恐怖の心が問題を起こす、と歯医者で悟る

わたし、歯医者が怖いんです。

なぜかというとわけがわからないから。

 

歯科検診されているときの「6番、C」とかいう暗号みたいなものは

何を表しているのかわからないし、

診療台に置かれた様々な銀色の機械はどんなふうに使うんだろう、

見るだけで不安になるし

治療されているときはたいてい目をつぶっているせいもあるけれど

口の中で何が起こっているか全くわからないし、

だからキュイーンとか機械音だけがきこえるのが余計怖いし

いい大人がこんなに怖いなら、子供はもっと怖いだろうなと思います。

 

こんな怖い思いをするのなら、虫歯にならないように

大好きなケーキを我慢しようかと思ったりするけれど

でも我慢できなくて食べてしまう。

でも食べるたびに

虫歯になるかもしれない、というストレスを感じながら好物を食べる

という楽しくない状況になってしまいます。

 

思い切り楽しめない鬱憤が知らない間に蓄積されていって、

何の心配もなさそうにケーキを食べている人を見ると妬みやひがみの気持ちが出たり

ケーキをお土産に持ってきてくれた人に「余計な事をしてくれるな!」

とひねくれたことを思ってしまったり言ってしまったり、

それが原因で人間関係が悪くなって、、、なんてこともありうる、ありうる。

 

f:id:mukara:20190613012330j:plain

 

ですが

今日は歯医者でこんなことがありました。

先生が私に鏡をもたせて、

「ここの黒い線は少し虫歯っぽいですが、これを削ると周りの健康な歯も削ることに

なってしまうので、やめました。

これくらいのものなら、まだ歯ブラシで防げそうですし。」と言ったんです。

 

私はその時何とも言えない安心感をおぼえました。

全く何もかもがわからないと思って不安しかなかった歯が、

こういうのが虫歯なんだという具体例がわかり、

なおかつ歯ブラシきちんとすればこれくらいは大丈夫なんだ、という目安もわかった。

わけがわかることの安心感。

 

安心できたので

不安を感じながらケーキを食べなくてもよいし

おいしそうにケーキを食べている人に思い切り共感できるし

お土産にケーキをもらったらその人が大好きになるし

人間関係が良好になっていくかもしれない。ありうる、ありうる。

 

 

人の不安や恐怖が問題につながっていて、安心がそれを解消するんだ。

と分かったところで別の気づきがやってきました。

これってまさに人間が、

なぜ生まれたのか、何のために生まれたのかがわからないから

どう生きていいのか不安で、愛されるか不安で、病気が怖くて死ぬことが怖くて、

となることと同じではないかっておもいました。

不安や恐怖から逃れたいから、心も不健康になっていって

いろんな問題を起こす原因になってるんじゃないでしょうか。

 

この不安が解消されたなら、

人類が起こすいろんな問題の多くも減るんだと確認できましたよ!

こんな気づきを得られたので

頑張って歯医者に行って良かったなと思いました。

 

 

 

 

このブログへの

お問い合わせ・メッセージ←こちらからお願いします。

 

繊細に変化をみられる人の周りには人が集まってくる

普段、人のことをほめたりしない人が

ポツリとほめ言葉を言った時は

ほめられた方はとってもうれしいですね。

 

普段とてもラフな格好の多い人が

ばっちりお化粧をしてドレッシーな服装をしていたら

なんだか気になります。

 

普段と違う所にはフォーカスがいきやすくなりますが

「普段」はいつの間にか「いつも通り」のこととしてマンネリ化していって

特に何も感動もなく過ぎて行ってしまいます。

でも本当に普段は何も変わらないんでしょうか?

 

毎瞬呼吸している空気も別の空気だし、

いま見た花瓶の花のつぼみは5分前より若干開いているはずだし

大雑把にしか変化をとらえられていないだけで

着実に毎秒何かしら変化が起こっています。

 

毎瞬の小さな変化をとらえてそれに感動できる心とセンスが

人間性を育てる部分も多いのではないでしょうか。

 

実際私の周りにはそれを大事にしている人も多く、

そういう人がつくる人間関係はとても信頼関係が深く結ばれているようです。

分かりやすい変化は誰でも気づくことができます。

でも本人さえ気づかないことを気づいてあげて褒めたり伝えてあげられる、

そんな繊細な心で人に接することができるからだと思います。

 

 

このブログへの

お問い合わせ・メッセージ←こちらからお願いします。

心が自由に動き回れる時代

どこまでを自分と思いますか。

体の範囲ですか、家族が自分、ですか。会社が自分ですか。

日本が自分ですか。

視点が変われば見えてくる景色もちがってきます。

どんな景色が観たいかは自由に決めることができます。

令和の時代はそんな風に自分の心が大自由に動き回れる時代です。

心にフォーカスが当たった時代になってきているし、

もっと深~い心と出会っていく必要に迫られる時代だとも思います。

心が何なのか、深めていったときに本当の心のゆとりも生まれて

自分という概念もグアーッと拡張していくと思います。

 

そんなことに関連したコラムを見つけました。

↓↓

「心のゆとりが平和を生む」

http://magazine.noh-jesu.com/archives/7202

 

 

引用元:Noh Jesu観術メルマガバックナンバー

http://magazine.noh-jesu.com/

 

 

 

このブログへの

お問い合わせ・メッセージ←こちらからお願いします。

 

 

 

自分のウィークポイントと思っていたところが利用できる

私のウィークポイントは

達成感がとにかく味わえないところだったんですが、

それは自分自身を「価値のない人間」と思い込んでいたので

どんな事を達成したとしても自分にOKと言ってあげられず

満足できない心に固定されていたんです。

それを散々やってきてもう繰り返したくない!と思った時に

nTechに出会ったわけですが

今は少しずつ、

自分のその状態を外からみて「また思い込みやっているよ」と指摘してくれる仲間や、

小さな達成を一緒に喜んでくれる仲間もいるおかげで変わってきました。

しかも達成感が味わえない自分を今度は有効活用しています。

達成感を味わえないという事は裏を返せば「頑張り続けることができる」

ということでもあるので、

そういう頑張りが必要な時にはこの自分の性質を利用します。

 

ウィークポイントと思っているのも実は勝手な人間の思い込みだから

ホントはそこに対して〇も✖もないということなんですよね。

それがわかると自分の短所・長所と思っていたものも

「個性」として使えるようになります。

同様に他の人の短所・長所と思えていたところも「個性」でみえてきます。

今までは「違い」が折り合えない理由にもなっていたけれど

これからは「個性」として尊重しあい、出会いが楽しめる理由にもなります。

 

 

このブログへの

お問い合わせ・メッセージ←こちらからお願いします。